公開履歴
多様な薬を持っている男性

抗うつ剤のSSRIには、多くの種類の薬剤がありますが、その中でも特に、副作用が少ないといわれているのがダポキセチンです。
このダポキセチンは、早漏防止の治療薬として有益な薬です。
早漏治療薬としては、日本国内では未認可ですが、ヨーロッパの一部では認可販売されています。
抗うつ剤のSSRIは、いくつもの国の研究機関により、その早漏防止効果が証明されています。
SSRIの中でも特に、ダポキセチンを含有した「プリリジー」は、「射精に至る時間が通常の2~3倍長くなる」という研究結果も発表されています。

ここでは、遅漏と早漏の相違点について、ご紹介します。
「早漏」とは、性交時にパートナーの女性が、性的に満足できないうちに男性が射精してしまうことをいいます。
より具体的には、「膣内に挿入後30秒間射精を我慢できない状態」や「1分または2分」とも言われていますが、時間の定義も曖昧です、その反対を「遅漏」といい、性交時の射精に至るまでの時間が、本人の意思に反してなかなかイカナイ男性のことをいいます。
早漏と遅漏とは、対義語です。
簡単に言えば、両者の相違点は、早漏が感度良好で、遅漏が感度が鈍いということです。

早漏は、訓練によって射精をコントロールできるようになりますが、それに対し、遅漏はコントロールすることができません。
遅漏の場合には、過去の何らかの精神的なショックが原因で、射精できない身体になっている場合もあります。
過去のトラウマからも遅漏になります。
もし心理的影響による勃起不全(ED)である場合には、医師の診断が必要になってくるケースもあるそうです。
あらたなトラウマを植え付けないために、パートナーである女性は「早くイってよ」などという言葉は、避けるようにしなければいけません。

記事一覧
精神的要素を考慮し早漏治療薬のレビューを参考にする

早漏は経験が少ない、刺激が強すぎる、体質という原因が挙げられますが、精神的要素も大きな要因になっています。心の問題で早漏になってしまうというのは、男性のナイーブさを表すもののようで研究者にとっては興味深い内容になるようですが、該当者にとてはそれどころではありません。自分の自尊心が失われ、彼女も満足で...

2019年11月15日
早漏から遅漏になる方法はあるのか

早漏から遅漏になる方法で悩んでいる男性は多いと思いますが、まず大前提として包茎で無い事が上げられますので、そう言った問題を抱えている人はそこから改善して行かなければならないと言えます。包茎に関しては軽度から重度の方まで色々居るので治療方法も様々となるのですが、とにかく亀頭部分が普段から露出して刺激を...

2019年10月13日
遅漏と勃起不全の繋がり

遅漏と勃起不全の繋がりはまず、原因の面から指摘する事が出来ます。両者とも精神面・肉体面双方の原因が考えられ、精神面が原因と考えられる場合については性行為時にリラックス出来る環境を整えるだけでも、ある程度の改善が望めるという点で共通項を見出す事が出来ます。一方、肉体面の原因としては糖尿病・高血圧といっ...

2019年09月10日
遅漏になってしまう原因

遅漏になってしまう原因は自慰行為にあるという説が最も有力です。自慰行為による強い刺激に比べると、膣による刺激は弱いから射精しないという考え方です。原因の一つは、単純な物理的な刺激の違いです。手で与える刺激は、握る強さが非常に強力な場合があります。また、手が陰茎を上下するスピードも、手以外では真似ので...

2019年08月21日
遅漏に特化した医薬品はない

早漏と同様に女性に嫌われる原因として遅漏があります。女性を満足させることが出来ない早漏も問題ですが、いつまでたっても射精することが出来ない遅漏も問題があります。何とかして遅漏をどうにかしようとED治療薬などを服用しようとする人もいますが、遅漏に特化した医薬品はないということを覚えておかなければなりま...

2019年08月06日